読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

暇文 暇なときに書いてみた文章

神出鬼没の自己言及

アナログ放送終了

どうも、お久しぶりです。
ひと月以上更新をサボっていたら、こんな優秀な時事ネタも見逃すところでした。
危なかったです。
全く人生に一度あるかないかの歴史的な日だったってのに…
 
えー、自分は幼少期から根っからのテレビっ子な訳ですので、
「テレビ」というものには大変思い入れが深くあります。
教養も、スポーツも、娯楽も、ニュースも、雑学も、
PCなど持っていなかった自分にとってはテレビから仕入れるものでした。
その精神は、こうしてパソコンを自由に使える現在でも変わらず、
「テレビを見ない日」というのは存在しません。
いつでもテレビは自分の「日常」でした。
 
そんなアナログテレビ、24日で終了。
我が家はチューナーを付けてひとまず地デジ化には成功したので、
引き続きテレビというものは見れるわけですが、
一つのテレビとしての時代が終わった…
そんな気がしてならないのです。
「日常」が大きく揺るぐわけでは無いですが、
そこにあるのは前とは確実に違う「日常」です。
 
それが果たして、テレビをより良くさせるのか、ダメにさせるのか…
その判断はまだつかないでしょう。
 
ただ、最後に伝えるべくは。
「お疲れ様、アナログテレビ!」
この言葉ですかね。
いつかまた会う日があれば…どこかで見られることを期待してます。
再び、白黒テレビのチャンネルを回せることを願いつつ。
 


 
 
 
おまけ
 
日本テレビアナログ放送終了の瞬間の映像です。
最後の重役を背負ったのは徳光さんです。
徳光さん…wwwwwww
D
 
ちなみに自分は学校の夏期講習のおかげで、
地デジ移行の瞬間は見れませんでした。
野郎、憎んでやる。
そんな訳で明日からは通常運転(たぶん)
新企画もはじまるよー