読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

暇文 暇なときに書いてみた文章

神出鬼没の自己言及

ロゴ百選

最近、なんだか企業や団体のロゴを集めるのにハマっています。
ロゴっていうのは、いわば「企業の顔」みたいなモノですから、
デザイン的にもかなり高度なものが多いんですよね。
単純に見てて楽しいものなんです。ロゴってのは。
 
そんな訳で
自分が見つけた中で、
「かっこいい」「面白い」「美しい」「秀逸だ」などと感じたロゴを
このブログで紹介していこうと思います。
ロゴ好きな人は、どうぞ参考にしていただければ。
 
その1:日本国政府紋章

一番最初ってことで、この国を代表するロゴです。
真ん中にドーンと輝いているのは、桐の花です。
桐の紋ってのは、伝説上の鳥、鳳凰が止まる木とされてまして、
天皇家の菊の紋に次ぐ高貴な紋章なんだそうです。
昔からその時代の天下を握る人に使われてきたそうで、
明治以降、政府の紋章として公式文書などで使われるようになったそうです。
首相記者会見とかの演台にありますから、意外と認知度は高いじゃないんっすかね。

その2:JR

正直、2番目以降の紹介順が分からない。
けどまあいいや。
日本人なら誰しもが知る、JRのロゴです。
実はこういう風に各管轄地域ごとに色分けがされてるんですね。
自分の見慣れてないJRマークには少し違和感がありますね…
正直、列車のボディにプリントされるロゴですからもう少しスピード感みたいなモノがあっても良いと思うんですが、
個人的に綺麗にまとまってるなと感じたので紹介しました。
 
その3:JAXA

個人的にはベスト5に入るぐらい秀逸なロゴ。
星があしらわれてることで、「宇宙に関する団体なんだな」ってことが一目でわかります。
そしてこのスタイリッシュさ、シンプルさ…
デザインとして良質でありながら企業名やその企業のテーマを伝える、ってのがロゴマークの使命だと思います。
その見方をすると、JAXAは非の付け所がないですね。
素晴らしい。もっと皆さん注目してあげてください。
 
その4:文部科学省

ベタ褒めしすぎて、その後の展開に困るっていう…ね。
とりあえずこちらなんてどうでしょう、文部科学省
日本の省庁のロゴなんて全くと言っていいほど見る機会がないんですけど、
そんな中で辛うじて目に留まっていた文科省のロゴ。
デザインってよりはこの色合いが好きですね。淡い感じで。
それとこのフォント。この文字の形がなぜか好きです。
他の省庁は…うーん、そこまで特筆するほどのものじゃないなぁなんて。
同じ国の中の省庁なんですから、もう少し一貫性を持たせたらどうだいなんて言いたくなりますね。
 
 
そんな訳で第1回終了。
たまに更新していきますよ。
まだまだ紹介したいロゴはたくさんあるんでね…!
皆さんからもロゴ募集してますよ。
好きなロゴ、お洒落なロゴなどありましたら是非是非ご教授頂きたく。
「暇文」のロゴもほしいなぁ…