読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

暇文 暇なときに書いてみた文章

神出鬼没の自己言及

ジョブズ、逝く

時事

すでにご存知の方も多いと思います。
Appleの元CEOで創業者でもある、スティーブ・ジョブズ氏が亡くなりました。
56歳……若い。
今年の八月にCEOを辞任したことは知ってましたが、
まさかそこまで重い事態であるとは……
 
今年に入ったあたりから、
公の場に顔を見せた際の老け具合みたいなものが凄まじい、
という風に何度も言われていましたし、
相当健康に支障をきたしているのでは…とは思っていました。
そこに昨日の辞任。
業務を続行できない何かしらの問題があるのか、という憶測が飛び交っていました。
ある意味では、「予測」「覚悟」はついていたのかも。
しかし驚きには違いありません。
 
そもそも
自分もPCを買うまでは全く縁のなかった企業です。
ジョブズ氏の名前も全く知らなかった。
しかし、iPod買うだの、iTunes使うだのと言っているうちに
十分Appleのお世話になりつつあります。
それほどITの分野に与えた功績は大きかったってコト。
情報化社会に触れていきていくのなら、決してあの林檎から、
ジョブズから逃れられることは出来なかった…
それだけのモノはあったのではないでしょうか。
 

ロゴとして見るなら

思えば、前回のロゴ百選で
(参考:ロゴ百選 第2回
Appleのロゴを紹介しました。
「ロゴが価値を証明する」
何故、価値が証明されるのか。
――その価値を生み出す人間がいるからです。
いくら最高のロゴを創りだしたからといっても、
その企業に、商品に、価値がないのなら、
ロゴは所詮ただの絵としての意味しか持ってくれないのです。
このAppleのロゴを、製品の価値を証明する「認定印」にまで昇華させる…
そんな意味でジョブズ氏はまた最高の人材だったのでしょう。 
 
つい先日発表された「iPhone4S
この「4S」という部分がどんな意味を持つのか…? という話があります。
しかし今回の一報を受けて
「4S」→「For S」→「For Steve」 という意味なのではないか、という噂が出ています。
しかし、自分としては、誰かが唱えたもう一つの案のほうが似合うと思います。
「Forever Steve」

 
ご冥福をお祈りいたします。