読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

暇文 暇なときに書いてみた文章

神出鬼没の自己言及

年末年始の色々感想まとめ

すっかり更新するのを忘れていた内に、数多の番組が通り過ぎていってしまいました。
という訳でそんな番組らの感想をまとめて書いていきたいと思います。
1ヶ月程度前の記憶で書いているので
なんかよくわからない部分もあると思いますがご了承下さい。
 
紅白歌合戦
色々と絆をテーマにおいた内容。前回もそんなんだった気がするがまあいいや。
長渕剛は良かったね。テレビで見てる分には光の輪はスゴク綺麗でした。
あと、幸子先生はいつものように大インパクト。獅子舞。食われた。
レディー・ガガも出てたねそういや。やっぱ風格がちげえや、流石アメリカン。もうちょい和訳歌詞頑張れ。
あと、嵐の司会は結構良かったよ! 後ろのでっかいモニター使った演出もかっこよかったぜ!
そんな訳で紅白はいつかNHKホールで見たいなぁ……
 
大河ドラマ平清盛
正直、去年の江があんなんだったから全く期待しないで見てみた。…初回から度肝を抜かれた。
すげえインパクト。臨場感。名優たちの名演、怪演。
特に朝廷パートがとんでもない。ハッキリ言って平氏周りのドラマより面白いぞアレ。
あとは中井貴一演じる平忠盛が、松山ケンイチ演じる平清盛より目立っちゃってるのをどうしようっていう。
だって中井貴一の方が上手いんだもん……ww
という訳でこれからも期待。つうか見る。
 
○日曜劇場「運命の人」
俺、山崎豊子作品って好きなんだよね。白い巨塔も見たし、不毛地帯も見てた。
そんな訳で今回も必見。原作がよく練られているからこそのこの重厚感。本木雅弘の、なんというか「古さ」がよくマッチしている。
今回の主人公は新聞記者。今までと同様、不屈の精神を持った凄い人、ではあるが、ちょっと感じる違和感。
それは何か。「完全な正義の存在」ではないということ。むしろ財前タイプ。
今の時代だからこそ描かれるべき、マスコミの姿。テーマがテーマなだけにネットでも結構話題にされてる感。
ただ一つ覚えておかなきゃならないのはコレが「フィクション」だってこと。
事実と異なっている、といって批判するのはお門違いだし、事実だと思って信じきるのは馬鹿を見る。
そんな訳で俺は見る。
 
ストロベリーナイト
去年だかに同題でスペシャルドラマを放送してた。それが評判良かったからたぶん連ドラ化。
少年漫画的な仰々しさみたいなものを感じるのは気のせい? それが良い悪いの話じゃなくて。
良い感じに厨二入ってる感が、凄く見てて気持ちいいかも。世界観を使いこなせてるって気がする。
刑事ドラマ、なんだけど今の時代にありがちな現実派路線とは少し違う気がする。
ありそうでなさそう、そこを楽しめ!みたいな。
あと武田鉄矢いいキャラしてる。
 
○相棒
今年も元旦2時間スペシャル。もはや定番になっちゃったね。
個人的にはもう少しインパクトあっても良かったと思うの。というのはだな、その後が強すぎた。
鈴木杏樹演じる「ついてない女」の復活。と思いきや、花の里復活。
で、その回は結局事件起きてないだの、謎の宗教組織だの、右京さんのキャラおかしいだので絶賛固定観念破壊祭り。
面白かった。すごく面白かった。シーズン4か5あたりの匂いを感じた。楽しかった。
そんで気がついたら神戸くん、特命係卒業だって。キャアアアア。
かなーり板についてたのにねぇ。次の相棒は一体誰なのか。大穴で大泉洋とか言ってる人がいた。もしそうなら嬉しいけど、卒倒、で大爆笑。
そんな訳でシーズン11以降も確実にあるね。まあ面白けりゃどこまでも続け!
チャクラ開いてきたよおおおおおおおおおおお
 
そんな訳でこんなとこでどうでしょう。
「おい!こんな番組もあっただろ!感想書けよ!」ってのがあればコメント下さい。
もし見てたら、感想書いて追加しておきます。
もし見てなかったら、なんとなーく想像でこんなんじゃね?って思って感想書きます。
という訳でテレビ感想まとめ終わり。
次回はロゴ百選でお会いしましょう(たぶん)。