読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

暇文 暇なときに書いてみた文章

神出鬼没の自己言及

相棒ten 最終回

ご存知の通り、ドラマ「相棒」が昨日最終回を迎えました。
そんな訳で感想を書いていこうと思うんですが……
 

神戸ええええええええええええええ
また出ろよおおおおおおおおおおおおお
大河内さんだってお前のコト待ってるぞ!!!(色んな意味で)
というかあの長谷川ってジジイ人に取り込まれんなよ!!
 
えーっと
何より特筆すべきなのは「神戸卒業」
シーズン8から右京さんの「新」相棒として今までやってきていました。
せっかく慣れてきたところだったのになぁ……というのが本音。
花の里も新装オープンしたところだし、相棒らしくなったじゃんって考えてたんですがね。
前任の亀山くんが「右京を力で補うタイプ」だとすれば
神戸くんは、まさに「右京を同じ能力で伸ばすタイプ」だと言えるでしょう。
知能派&知能派。
それ故の、亀山時代とは違ったぶつかり合いもなかなか面白かったです。
 
だから、正直ラストの神戸暴走は予想していなかった。
放送時間からして、何かしらの大きな出来事が起きないことには神戸卒業まで話が纏められないだろうなあ、とは感じていましたが。
冷静な知能派、に見せかけて実は熱いモノを秘めている。
神戸の魅力、というか本性は徐々にシーズンが進むごとに見せられてきましたが
最後に大きくドーンと出た。
今回を見て、さらに神戸を好きになったって人も多いんじゃないでしょうか。
神戸を好きなまま、更に魅力を知られる卒業回。上出来かも。
さらば神戸。また会おう。
 
と言いつつも。
釈然としねえええええええええ!!!!!と叫びたいのが相棒ファンの性。
というのも、卒業回と最終回ならではの重い話とを絡めて出すには
少し詰め込み過ぎじゃねえかという。
神戸への異動命令なんてハッキリ言って理不尽そのもの。
ちょっと何がなんだかよくわからない。
普段の相棒なら、「理不尽」があって、その後にもう一段落何かがあるのが普通。
だからあのシコリの残る去り方は、逆に神戸再登場フラグだと自分は踏みました。
 
しかしまあ重い重い。
命と倫理の話。
流石の右京にも気の迷いというか、正義を貫き通せないように見えたのは気のせいではないですね。
というか、今回の神戸の評価ポイントはそこでしょう。
貫くべき、守るべき正義……
しかしそれを守るならば、神戸の成す行動は……
 
「君に人殺しをさせるわけにいかないじゃないですか」
 
「そうです。僕が殺そうとしてるのは人間なんです、怪物なんかじゃない」
 
今シーズンの中で一番の名シーンだと思います。
右京の「正義」を曲げたんです。
かつて亀山にも止められず、官房長に「暴走」とまで言われたあの「正義」を。
それも、神戸自身の「暴走」によって。
いやぁ、すげえ脚本。
さすが輿水さん、重大な局面の話を任せられるのはこの人だけだぁ……
 
この「怪物なんかじゃない」って発言、
自分自身の発言に対する否定なんですよね。
神戸自身が嘉神家で問い詰めた際に
「クローン人間など生まれてもきても奇異の目に晒され、安寧な環境などどこにもない。まさにそれは怪物として扱われる」
という旨の発言をしてます。
もう既にこの時点で「しかしそれは人間だ!!」って思ってるんでしょうね、きっと。
城戸充の事件の際に、命とは粗末に扱われるものではない、ってことは心の底から実感してるでしょう。
そしてそれが特命係を辞めようとした理由にもなった…。。
 
クソジジイ長谷川は一体何を狙っているんでしょうか。
閑職、と言いつつ神戸の人事権を動かせるだけの力は持っているようです。
今後、シーズン11以降では、間違いなく敵対するような存在になるでしょうね。
例えるなら「味方にならない官房長」
もう最低だコレ。どうすんだ。
片山雛子も久しぶりに絡んできそうな匂い、プンプンしてましたし。新相棒になったら何かちょっかい出してくるんでしょう。
そんな訳で、無事、じゃないけど神戸も卒業して、シーズン10終了!
新相棒に期待しつつ、シーズン11を待つ日々が始まる…… 
 
おまけ:伊丹
今回も伊丹は伊丹でした。流石イタミン。
何だかんだで神戸異動ってなると、ちゃんとビックリしてるあたり特命係も気にしてるよね。うんエライ。
今回の名言は「見習いは黙れぇ〜♪」かね。
あとなんか、米沢さんを暴行、脅迫してましたが、アレは伊丹なりの優しさです。
もはや相棒には欠かせない伊丹。頑張れ伊丹。
 
おまけ2:大河内さん
大河内さん、出番すくねえ!!
最後に神戸とサシで飲み合ったところしか出番無いんじゃね?

あと、神戸と監察官室で話してた場面だけか。
なんで最終回なのに我らが大河内の場面がこんなにも少ないのか……
というか、神戸との関係はどうなったん!!
絶対大河内さんのタイプだと思ったのに。何かしら発展すると思ったのになあ。
思わせぶりなシャワーシーンとかあったし今回。
二人で剣道の稽古とかしてたぐらいだから、狙ってると思ってたんだけど……
まあ今後の関係に期待。
大河内はもっと出るべきである。
 
 
そんな訳で
チャクラ開いてきたよおおおおおおおおおおおおおおお
 

相棒 シナリオ傑作選2

相棒 シナリオ傑作選2

  • 作者: 輿水 泰弘,櫻井 武晴,戸田山 雅司,古沢 良太,深沢 正樹,岩下 悠子,徳永 富彦,ハセベ バクシンオー,太田 愛
  • 出版社/メーカー: 竹書房
  • 発売日: 2011/12/21
  • メディア: 単行本
  • 購入: 1人 クリック: 5回
  • この商品を含むブログ (3件) を見る