暇文 暇なときに書いてみた文章

神出鬼没の自己言及

滅 び な い

「来週の早いうちに更新!」なんて嘘だった(`・ω・´)
気にしないでくらはい。いつものことでしょう。
……暴言ですねえ。
 
さて、昨日12月21日は「人類滅亡の日」と呼ばれていた訳ですが、結局何も起きていないように思われます。
Wikipedia先生によりますと

2012年人類滅亡説(2012ねんじんるいめつぼうせつ)とは、マヤ文明で用いられていた暦の1つ長期暦が、2012年12月21日から12月23日頃に1つの区切りを迎える[1]とされることから連想された終末論の1つである。
出典:Wikipedia2012年人類滅亡説」 2012年12月21日 (金) 15:12版

とのことなので、22日の夕方現在でもまだ地球滅亡の可能性はあるということです。
この記事を更新しています、日本時間2012年12月22日17時48分現在、マヤ文明が栄えたメキシコの首都、メキシコシティでは同日2時48分を迎えています。
つまり15時間の時差がありますので、日本時間12月24日15時00分ごろまでは世界滅亡の可能性があるということです。
滅ぶわけねえけどさあ!
この台詞を友人に吐いたら、「子どもたちの夢を壊すこと言ってんじゃねえよ!」と叱られました。
お前の夢は世界滅亡なのか。
 
さて、かつてのノストラダムスの大予言事件ほどは、日本国内での盛り上がりが見えませんが、世界では色々と大盛り上がりがあったみたいです。

かつて中米に栄えたマヤ文明の暦が21日、「新たな時代」に切り替わる節目に差しかかった。世界各地で地球規模の大災害や人類滅亡などのうわさから動揺が広がった。米メディアによると、米航空宇宙局(NASA)には電話や電子メールで「本当に何か危険があるのか」などの問い合わせが殺到。ミシガン州では、コネティカット州の小学校での乱射事件と終末論のうわさで平静が保てないとして、クリスマス休暇を前倒しして20〜21日を休校とする学校も。

引用:msn産経ニュース「人類滅亡の日? マヤ暦「新たな時代」に NASAに問い合わせ殺到、休校の学校も」

アメリカ合衆国は割と大騒ぎです。
NASAに聞いたところで何か知ってるんでしょうか。「隕石とか来てない!?ねえ、来てない!?来てないよね!!?」ってことですかね。聞いてて恥ずかしくないんですかね。
休校になるのは、この前の銃乱射事件もあって不安が増大しているからなんでしょうね。この予言によって精神的にピリピリしていたら、今回の事件を滅亡論と結びつけてしまうかもしれません。
俺の学校も休校がいいです。
 
以上はアメリカの反応ですが、当事者(?)のメキシコではどうだったかといいますと。

300〜900年ごろに最盛期を迎えたマヤ文明の専門家らの説明では、マヤの暦では現在の世界は紀元前3114年に始まったとされ、今月21〜23日から次の時代が始まる。一部で吹聴されたように「人類滅亡」を予言しているわけではなく、神官たちは淡々と新しい時代を迎える儀式を行った。
引用:毎日.jp マヤ文明:暦の終わりで空騒ぎ 「人類滅亡」に便乗商法も

そりゃそうでしょうね。
淡々と自分の仕事をこなす、マヤ神官カコ(・∀・)イイ!!
外様が騒ぎすぎなんでしょうなあ、という感じです。

しかし、日本でも09年に公開された映画「2012」のヒットもあり、21日で世界が終わると信じた人々の存在が各国で報じられた。アルゼンチン中部コルドバ州では、UFOの出没地として有名なウリトルコ山での集団自殺を呼びかけるメッセージがフェイスブックに投稿されたため、立ち入り禁止となっている。フランスやトルコなどでは「世界の終末」から逃れようと多くの人が押しかけた場所がある。中国では偽のノアの方舟」の乗船券をインターネットで販売し、1カ月で約40万元(約540万円)を稼いだ業者も出たという。
引用:同上

世界中にいらっしゃるこういう人々。ただ単に騒いでるだけなら、愛すべきなんとやらと言えるでしょうが、犯罪行為に手を染めちゃったりするから質が悪い。
よく分からん根拠のもとに、多数の死体が転がるようなことになったらウリトルコ山の環境が可哀想です。
実体的な影響がある訳でもないのに死ねる勇気があるぐらいなら
「俺しかこの世界を救えないんだ……ッ!」
「おい待てよ、何一人だけ良いカッコしようとしてるんだ?」
「!……お前」
「おいおい、俺を忘れてもらっちゃ困るなあ」
「フッ……僕もそろそろ本気を出しましょうかね」
「……みんな」
ぐらいのことをやって欲しいもんです。二番煎じすぎるけど。
実際の所、古代マヤ人の皆さんは
古代マヤ人「そんな意味は無いんだけどなぁ……なんか申し訳ないなぁ……こんなんなっちゃってなぁ」
って感じになってるんじゃないでしょうか。
しかし、そんな古代マヤ人の意を踏み潰す中国。
ノアの箱舟の乗船券」というアイデアは、かの有名な免罪符の発想と似ている気がします。地獄の沙汰も金次第。歴史は繰り返す。
ぶっちゃけ買っちゃう方も買っちゃう方ですけどね。こわいこわい。
流石の古代マヤ人も大激怒でしょう。
 
流石のNASAも呆れ顔。

多数の問い合わせを受けたという米航空宇宙局(NASA)はインターネット上で「マヤ文明は世界の終わりを予言していません。惑星衝突などの心配はありません」と発表した。
引用:同上

ほらー面倒くさがってるー。だから変なこと聞くなって言ってんのにー。
わざわざ公式コメント出してくれる辺りが、NASAの優しさです。
優しい男はモテるはずですから、NASAはモテるということです。やったね!
 
最後に、ある政治家さんのコメントを紹介して終わりにしましょう。朝日新聞より。

渡辺喜美みんなの党代表
 
本日はマヤ文明の暦の最後の日。日本の政治の暦では、民主党の終わりが近づいている。マヤ文明では5125年周期で暦が1回転するらしいが、日本の政治の暦では3年〜4年に1度、大きな振れを繰り返している。自民党衆院3分の2の多数を獲得したからといっても、(法案の)再議決を連発すれば、国民から総スカンを食らう。(記者会見で)
引用:朝日新聞デジタル マヤ暦は5千年「日本政治は3〜4年」 みんな・渡辺氏

上手いこと言ったつもりですか(激怒)
時事ネタからなんかこう無理やり政治の話につなげるってのが如何にも朝日新聞好みっぽい気がしません? 天声人語的な。
でもあれですよ、親しみやすい話題から入って興味を引こうってことですよね。
喜美のそういうとこ、好きだゾ(ハート
 
先程も書いた通り、まだ地球滅亡の恐怖は完全には過ぎ去ってはいない!
備えよ! そして立ち向かえよ、諸君!
人類を救うのは我らである!
 
……もし本当に滅ぶんだったら、誰か僕の骨は拾っておいて下さい(^ω^)